210701-15IMG_4897t
もう1か月ほど過ぎてしまいましたが、

2021年5月29日をもって、京都市営地下鉄は40周年を迎えました。

一番身近な鉄道で、さらに開通時から見て乗ってきた鉄道でもあるので、

触れない訳にはいかないかと思いまして、

今更ながら失礼します。



初期の閑散としていた各駅も確実に乗客が増えて、

京都市民の足としてしっかりと根付いてきました。

営業収益としてもコロナ直前まで近年は黒字を続けてきました。

ただ、東西線で建設費が計画よりも大幅に増加し、

いまだに京都市財政の足かせとなっているという面もあります。


そしてこの画像は、40年前の開通当初から活躍してきた10系の初期型です。

この7月に新型車の第一編成が搬入される予定で、

この初期型も新型車の増備と共に順次廃車されていく予定です。

京都市営地下鉄は竹田駅を除き全て地下線で、

このように地上で撮影できる場所はほとんどなく、

今回は、竹田駅南側の踏切から待避する電車を狙ってみました。

今まであまり鉄道ファンの心をくすぐる動きが無かったので、

あまり注目を浴びることも無く、

淡々と安全運行を続けてきた京都市営地下鉄ですが、

10系の引退が迫ってくると、撮り鉄も押し寄せ、

最悪このような撮影地も撮影禁止になる可能性もあるので、

地の利を生かし、今うちに撮っておこうかと思って、

行ってきました。

今なら、40周年のヘッドマークも一部に付いてますしね。

京都市営地下鉄烏丸線竹田駅 2021年7月1日撮影